活動状況の報告


2001年5月作成  企画 学習係 / 文責 浅野郁子

「電車でGO!」の報告 



 この企画も3年目。今年2001年も5月3日〜6日のゴールデンウィークに実施することになりました。今年は、新入生が4人(2回参加した人が1人)と障害者は河瀬雄太郎さんが新しく加わり、5人の参加でした。

 この企画は障害者のみなさんが行き先を含めてその日一日をコーディネートして決め、新入生や先輩は介助者として一緒についていくというかたちで、公共交通機関を利用し街へ出かけようというものです 。

 さて、みなさんはどんなことを体験したのでしょう。どんな出会いがあったのでしょう。

  以下の報告は5月12日に行った「電車でGO!報告会」でみなさんに出してもらった報告書をまとめたものです。

   *注1:電車でGO!に参加できなかった人、読んでください。
   *注2:報告会に参加できなかった人、読んで下さい。
   *注3:どっちも参加した人、もう一度読んで振り返ってください。



報告文を読んで何か感想などありましたら、jitsugen@mac.comにメールを送っていただくか、あるいは掲示板に書き込んで下さるとありがたいです。

  







電車でGO!桜井憲子チームの報告  


●メンバー:桜井憲子 鈴木理恵 細岡友美 岡本尚子(医療大1年生)

●出かけた日:2001年5月5日  

●天候:くもり

●利用した公共交通機関:電車(JR常磐線-京浜東北・根岸線-金沢シーサイドライン)


●主に何やったの?

水族館・横浜八景島シーパラダイスを見回って、イルカのショーを見たりアクアチューブをくぐったり。


●思わぬハプニングやたのしかったこと

憲子さんのソフトクリームのコーンの底が破れてきてすごいスピードで食べてもらったこと(細岡)
駅員さんの親切すぎるくらいの行為から逃げるのが大変だった(桜井)


●発見!メンバーの意外な側面

細岡さんと岡本さんが電車の中で内臓の話をしていた(桜井)
事前にバスや電車の時刻などを一人で調べておいてくれたりして、しっかり者の憲子さん!(鈴木)


●今回気づいた問題とその改善案

車椅子のエレベーターが見つけにくい→案内表示をつける(全員)
バスの中でストッパーをしていても押さえないとあぶない→床を滑らないものにしてほしい(鈴木)
設備の点で車椅子用ははじめからエレベーターで従業員用みたいなところにあって(関係者以外立ち入り禁止っぽい扉の奥で)水族館の雰囲気から一度抜け出さなければならないというのが少し嫌だった。別ルートにならずに済むような設備にしてほしい(細岡)


●自由な感想

車椅子で見られる範囲は狭いものだと思った。なんやかんや楽しかった(岡本)
楽しかった。でも遠かった。道順をインターネットで調べておいてよかった。アクアチューブに乗ろうとしたら「車椅子の人はエレベーターをご利用下さいといわれてしまった。あそこが一つのメインになっているのに〔`o´〕(桜井)
障害者だからって急に対応が変わるのでは社会にとって障害者がいることは当たり前に放っていないと思う。誰だって必要以上に声をかけられるのはウルサイと思う。でも今の設備の点とかから考えて、例えば駅員さんが声を書けないと障害者が困ってしまうという前提のもと彼らは声をかけてくるかのようだった。(細岡)





『電車でGO!』河瀬雄太郎チームの報告 


●メンバー:河瀬雄太郎 加藤行一 奥村彰子 後藤聡

●出かけた日:2001年5月5日

●天候:はれ

●利用した公共交通機関:電車(JR常磐線-山手線)


●主に何やったの?

 代々木→明治神宮→原宿 昼ご飯食べてお酒を飲んだあと明治神宮を参拝し、散歩。そして原宿をブラブラ


●思わぬハプニングやたのしかったこと

明治神宮の境内は都会と思えないほど静かで、緑に溢れ、歩いていてとても気持ちよかった。そこを抜けると、原宿はさまざまな人種に埋め尽くされ、明治神宮とは対照的でおもしろかた。代々木での昼食、小路に小さな洋食店を発見し、入ったらとても料理が美味しく、酒がすすんだ。(河瀬)
ハプニング:駐車違反(加藤)
ランチで赤ワイン、ボトルで(奥村)


●発見!メンバーの意外な側面

河瀬さんは結構ゴーカイな人でした。ボトルでたのんだワインの半分近く飲んでた。昔は酒を飲んでいろいろやらかしていたとかいなかったとか・・。(後藤)
3人とも気さくで、よけいな気を使わず楽しめました。みんな西日本出身だったのが意外(河瀬)


●今回気づいた問題とその改善案

 河瀬さんの場合車がないと駅まで行けない→バスはあるが合流等が困難では(加藤)
 特に苦労はしませんでした(奥村)


●自由な感想

21才で障害者となって以来電車に乗ることはもうないと思っていましたが、実に15年ぶりに電車に乗れ感激でした。(河瀬)
差別的な発言かもしれないけれど、普通に楽しかった。(奥村)
駅では駅員さんがすぐに声をかけてきてすべてやっていたのですんなり利用できたので少し驚いた。それ以外は普通に楽しかったなぁ。ただ原宿の人の多さには閉口。みんな何を買ってるの?ってぐらいだ やっぱりつくばはいいなぁと実感(後藤)
外出も重要な介助で障害者のQOLを高める一番大切な介助だと思います。いきなり電車で一緒に外出しろとは言いませんが、昼間の介助にも入ってみて、昼間・外出介助はいかに大切なものか知ってもらいたいです。(加藤)



 ホーム 活動状況2001年度 > 2001年5月『電車でGO!』報告


このページは2001年5月25日に初めて公開しました。